応援バナーはどんなプレゼントより選手の励みになる贈り物。1人でも多くの方に、1人でも多くの選手のバナーを掲げてほしいから、ミシンがなくても作れる応援バナーの作り方をご指南

応援バナーをお花で華やかにする ~装飾編3~

 女子選手のバナーだったら、お花をつけるのもおすすめ。ここではお花の選び方から

お花の芯にする素材、お花の上手な付け方までアドバイス

ピンクのお花が似合う選手のバナーを作ってみました。

f:id:go_for_it_figureskater:20170727142205j:plain

お花の選び方

お花は造花を使います。バラのような花びらが立体的すぎるお花より

平べったいお花が使いやすい。

f:id:go_for_it_figureskater:20170727142228j:plain

ここで使用したのは3種類のハワイアンレイ。色のグラデーションをつけるとより美しくなります。

f:id:go_for_it_figureskater:20170727142241j:plain

▼これは色合いがきれいで超おすすめ。大きいお花と小さいお花がついています。

▼濃いピンク

▼このレイは真っ白なお花と、縁が濃いピンクのお花の2種類からできている

f:id:go_for_it_figureskater:20170727142500j:plain

お花の芯にする素材

中央はラインストーンの「オーロラ」、サイズはSS30(直径6.3㎜前後)を使いました。

オーロラは7色に輝くので、どんな花にも合わせることができて便利。

ストーンはネイル用として、かなり小さいものからあるのですが、

バナーは大きいので、小さいと貼り付けが大変。小さくてもSS20以上がおすすめです。

 

いわゆる「ラインストーン」には最も高価で輝きが違うスワロフスキー社製のものと、

他社のガラスストーン、安価なアクリルストーンがあります。SS30サイズでお値段比べてみましょう。

(お値段は2017年7月28日現在)

 スワロフスキー ▼SS30 20粒で約400円(1粒20円)

 ガラスストーン

▼45粒で177円+送料160円(1粒7.5円。送料も加えて割っているのでたくさん買えば1個単位は安くなる)

1個から買えて、好きな数注文できるショップもあります。SS30 1粒6円+送料160円

 ▼まとめ買いすればもっと安くなります。SS30 288粒で898円(1粒3.1円!)

 アクリルストーン

アクリル製はサイズが直径で表示。輝きは落ちるけれど、安いのでコストを抑えたいときにおすすめ。

▼6㎜80粒で77円+送料160円(1粒3円。上記と同様、たくさん買えば1個単位は安くなる)

 こうやって比べるとやっぱりスワロって高い! 先日某衣装デザイナーさんが「ストーンの貼り付けに

4日かかることもある」っておっしゃっていましたが、どんだけ使ってるんだろう?

ストーンって小さいから貼るのに神経使うし、肩も凝るし……で大変。

衣装代が高くなるのもなるほど……と思いました。

話がそれましたが、ここでは「アクリルだと輝きがイマイチ。スワロは手が出ない」ってことで

ガラスストーンを使いました。バナーならこれで十分!

 

お花を貼るコツ

 お花は首のところでカットして分解します。写真のように

 ずらす感じで2つ重ねると華やかになります。注意したいのはすごく薄い造花に

ボンドを付けると、お花の色が水に浸したようになってしまうこと。

1つ不要な生地につけてみて、色が変色したら、上からストーンをつける芯のところだけ

普通のボンドを使い、あとは花びらの先っぽの方を布製の強力な両面テープ

(↓この記事の一番下に紹介したようなテープ)

http://go-for-it-figureskater.hatenablog.com/entry/2017/07/26/040000

で固定します。

ちょっとお花が浮いた感じになって立体感があり、良い感じに仕上がります。

ストーンは強力な接着剤(↓この記事の1番下に紹介したようなボンド)

http://go-for-it-figureskater.hatenablog.com/entry/2017/07/27/121913

を使いましょう。お花の芯の部分にボンドをつけ、その上にストーンをのせます。

 

※8月15日追記 お花の装飾に関してはこちらも参考に

薄手の生地を重ねてグラデーションを作る~こだわり編4~ - 作っちゃおう! フィギュアスケーターの応援バナー

衣装のようにレースの生地を重ねる~こだわり編5~ - 作っちゃおう! フィギュアスケーターの応援バナー

 フィギュアスケート 応援バナー 本田真凜