応援バナーはどんなプレゼントより選手の励みになる贈り物。1人でも多くの方に、1人でも多くの選手のバナーを掲げてほしいから、ミシンがなくても作れる応援バナーの作り方をご指南

基礎編

初めて応援バナーを作る方へ~最初のごあいさつ~

フィギュアスケートを趣味にするようになって7シーズン目。 初めてバナーを作ったのは6年前でした。 プリンスアイスワールドの触れ合いタイムで、スタンド席から 「〇〇ちゃん」「〇〇君」と叫んで振ると、ふたりとも、こちらに届くように 大きな声で「あり…

応援バナーのサイズってどのくらい? ~基礎編1~

最近よく見かける紙バナーはA3サイズ。縦29.7×横42.0㎝ですが、 このサイズでも結構ちゃんと見えますよね。折角布で作るのなら、これより大きくしたいですが……。 横幅を考えるポイントは…… いつも1人で掲げるか、2人で掲げるか 名前を漢字で入れるか、アルフ…

生地は何がいい? サテン、綿ポリ、シャンタン ~基礎編2~

生地の素材 基本的にシワになりにくいものがGOOD。綿100%は色柄豊富だけど、シワになりやすいので、 私自身は選手の衣裳を模したデザインにしたくて、似た生地が綿しかないとき以外は使いません。 今回はまずシワになりにくい無地の生地でおすすめな定番素…

文字の素材は何がいい? グリッターシート ~基礎編3~

バナーのことをよく知らない人によく言われるのが「文字はフェルトで作るの?」。 100均にもあるフェルトは入手しやすくて便利だけど、 1.だんだん毛羽だってくる 2.ふにゃふにゃしていて貼りにくい 3.厚みがあって、細かいところが思い通りに切れない…

文字の素材は何がいい? 合皮(フェイクレザー) ~基礎編4~

合皮(フェイクレザー)はフェルトよりクール、グリッターシートよりマットな感じに。 黒や白だったら、日本全国の手芸品店やDIYショップにもよくあり、 90㎝幅で10㎝100円しないものもあってお手頃。選ぶポイントは厚さ。 椅子の張替えなどインテリア用のは…

文字の素材は何がいい? ラバーシート ~基礎編5~

ラバーシートも切り取った文字をアイロンプリントするタイプで 最もなナチュラルな感じに仕上がる素材。 これは黒のラバーシートを使用 この手のアイロン接着タイプって、商品によっては、白などの素材を黒地に貼ると、 黒い地が浮き出てきて、失敗すること…

文字のフォント(書体)はどうする? ~基礎編6~

フォントの選び方 最も一般的な明朝体やゴシック体、POP体でもいいのですが、漢字だったら毛筆体がおすすめ。 並べてみると、書体で随分違いますよね。 フォントのダウンロード パソコンに入っていないフォントは「フリーフォント 毛筆体」とか 上記のような…

文字を太くグレードアップさせる方法は? ~基礎編7~

文字はできるだけ太い方がよいのですが、方法は単に「太字」体にするだけではありません。 1.太字にしてもまだ細かったら、自分で太くする こんな感じで印刷した文字の周りにラインを書いて、文字を切る時、新たなラインでカットする。 2.文字を違う素材…

文字の貼り付けにおすすめのグッズ ~基礎編8~

シールタイプやアイロンプリントタイプでない素材で文字を作った場合、 ボンドでの貼り付けが必要になります。 布用ボンド 文字の貼り付けは、100均で売っている手芸用ボンドでOK ▲左がCan Do 右がダイソー ▼こんな布用の瞬間接着剤、速乾接着剤もあるのです…

布の貼り合わせに便利なグッズ ~基礎編9~

ミシンがなくても、手縫いしなくても、これがあれば大丈夫!というおすすめグッズがこちら。 アイロン接着テープ 糊成分が蜘蛛の巣になっていて、生地と生地の間に挟んでアイロンをかけるとみごとにくっつきます。 ▼裏地を付けない場合は生地の縁を裏側に2つ…

文字を切るコツ、貼るコツ ~基礎編10~

ここでは少しでもラクにカットするコツ、上手に貼るコツをアドバイス。 サクサク切るコツ ▼印刷した紙は、文字に使う素材の上に重ねて、ホッチキスで固定 ▼分解できる文字はこんな感じでうまく配置すれば素材が無駄にならない ▼ホッチキスが届かないところは…