応援バナーはどんなプレゼントより選手の励みになる贈り物。1人でも多くの方に、1人でも多くの選手のバナーを掲げてほしいから、ミシンがなくても作れる応援バナーの作り方をご指南

キラッキラのスパンコール生地を使う ~ワンポイントアドバイス~

ちょっと大人っぽいキラキラしたバナーを作りたい方におすすめなのがスパンコール生地。

こちらは以前、オーダーされた方にお作りした生地のベースの写真に、パソコン上で文字をのせたもの。

織田君、ジャパンオープンが公式戦最後ということで、今日は名前を全部織田君にしてみた。

織田信成氏が公式戦からの引退を表明 4回転2本で最後の“合戦”に挑む! (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

f:id:go_for_it_figureskater:20171006220456j:plain

この右下の部分が黒とシルバーの細かいスパンコールが縫い付けられた生地(新宿のオカダヤさんで購入)

とってもかっこよくて、男子選手のバナーにぴったり。

 

上記の生地のシルバーの写真を使ってデザインしてみたのがこちら

f:id:go_for_it_figureskater:20171006220944j:plain

この黒地に直径3㎜の薄いシルバースパンコールの生地の下に黒の生地を重ねて撮った写真に文字をのせたのがこちら(ちょっとぼやけてますが)

f:id:go_for_it_figureskater:20171006221426j:plain

この生地は、上の2つが、スパンコールを縫い付けてあるのと違って、貼り付けてあるタイプ。時々、スパンコールがはがれ落ちてしまうことがあるのがたまにきず。

スパンコールが小さいので、遠くからだと目立たないし、それも生地のデザインのうちとも思えればいける生地。

同じスパンコールが貼り付いたタイプでも、6mmくらいになると、ちょっと落ちた時、目立つかな?

でも、あまった生地をとっておいて、取れたところに張り替えて修正する方法も。

 

10㎝1000円ちょいとお高いけれど、縫い付けてあって落ちる心配がないこんな生地も相当目立ちます。

 

キラッキラの生地「ラメサテン」を使う ~ワンポイントアドバイス~

東京ブロックでキラッキラなロイヤルブルーの生地のバナーを掲げていらっしゃる方がいて・・・

目立っていいな~~。ラメサテンかな?

ラメサテン

ラメサテン

10㎝で100~120円が目安。いろんなキラキラ素材を加えることを考えると、コスパがいい生地だ。

私の目に止まったのがこの赤。

赤と言えば、「東の大島光翔君」に、「西の中野紘輔君」

ふたりとも衣装によく赤を多用し、ウエアから小物まで赤尽くしで有名なスケータ―。

でも、紘輔君はもっと落ち着いた赤。このラメサテンは光翔君向きの赤だ!

ってなわけで、皆さんがフィギュア雑誌をポチする感覚で、取り寄せてしまったのでした。

ちなみに、彼は昨年の東日本であと1歩及ばなくて全日本Jrに出場できず、まだ西日本の方や、シニアしか見ていない方はご存知ないかも。。。

パパはプリンスアイスワールドでもご活躍なさっていて、氷艶にもご出演なさった大島先生。フジテレビさんも関東ブロックのあと、こうツイートしていました(左が光翔君)。

 生地が届いたそばから作り始めました。応援メッセージにあたる言葉は「STAR」

彼が出場した後のツイッターにはよく「すたぁ光翔君」「スタァ光翔君」の文字が並ぶのですが、

とにかく、表情にも演技にも華があってスター性のある選手。今回の関東ブロックも

「今までも、演技中の目に星が輝いていたけれど、今日は星を振りまきながら演技してた」、「まるでミュージカルを見ていたよう」など、称賛の嵐。一度は見てほしい東京&関東ブロックJr選手の1人です。

 

しかも、彼にはノービス、ジュニアの女子を中心とする大応援団がいて、埼玉や東京での大会になると、かわいい声援が飛びまくる!!「心だけは少女」ではない、本物の「光翔ガールズ」「光翔エンジェルス」。

というわけで、その世代の子が持つバナーをテーマに作ってみました。

f:id:go_for_it_figureskater:20171004170230j:plain

フォントも「スターっぽいのを」とこだわって選んでみた。

そして、ラベル屋さんのサイトで、まず大きい星を貼り付け、その内側に一回り小さい星、さらに小さい星・・と重ねていって星の型紙を作成。

f:id:go_for_it_figureskater:20171004170454j:plain

そして、切り取った星を並べ、クリスタルのストーンでラインも描く(まさに、星を振りまいて滑っているイメージ!)

f:id:go_for_it_figureskater:20171004170645j:plain

ちなみに、バナーのオーダーをしてくださる方から、「金メダルにあやかって、金を使ってほしい」というリクエストが多いため、うちにはゴールド素材が8種類まで増えた!で、これを使い分ける。

f:id:go_for_it_figureskater:20171004170800j:plain

 

生地に目を近づけると、光沢を感じる程度だけれど

f:id:go_for_it_figureskater:20171004172533j:plain

ホント、キラキラした生地

f:id:go_for_it_figureskater:20171004172904j:plain

光の加減ではこう見えることも

f:id:go_for_it_figureskater:20171004172940j:plain

ラメサテンは、目立つバナーを作りたい方におすすめの生地です!!

2017年 全日本フィギュアスケート選手権のバナーも「自席からはみださないで」

予想はしていたけれど、全日本のバナーもグランプリファイナルに準ずることに……。

第86回全日本フィギュアスケート選手権大会 ※チケット販売情報掲載しました | 公益財団法人 日本スケート連盟 - Japan Skating Federation

 

f:id:go_for_it_figureskater:20170930132248j:plain

 180㎝サイズの掲出がダメなのは「会場の構造上」っていう理由だから、今まで競技会で使用していた会場はこの先も大丈夫なんだろうけど・・・(と願いたい)

手持ちバナーの大きさに関してはこれが定着しそう。

2人で参加なら、多少大きくても、相方の方に寄せて掲げれば、隣の方の方にはみ出さなくて

いいだろうけれど、1人参加の方はお気をつけを・・・。自席の幅に関してはこちらに記載してあります。

GPFの手持ちバナーは自席からはみ出さないで~ワンポイントアドバイス2~ - 作っちゃおう! フィギュアスケーターの応援バナー

 

 

 

 

 

衣装のようにケミカルレースモチーフとストーンで彩る~こだわり編11~

本日は白岩優奈ちゃんの衣装から・・・。

ここまで紹介した「オリンピック候補」と呼ばれている女子選手のバナーは、できるだけこの先ずっと使えるように、衣装のデザインを部分的に取り入れている(100%衣装そのままの花織ちゃんとまだ紹介していない新葉ちゃんのバナーは例外。真凜ちゃんはSP変更ということで未定。フリーの衣装は胸元が豪華すぎてめまいがする)。

今シーズンの優奈ちゃんの衣装はこの白とブルーとEX用の黄色の3種類。

f:id:go_for_it_figureskater:20170917203359j:plain

 これを写真で見てウエディングドレスみたいなバナーにしたい!と思い、ケミカルレースを探し始めた。

 選手の衣装を目を凝らして見るとモチーフにストーンをたくさん貼り付けていることがある。この衣装もそんな感じに見えるので(あくまでも勝手な推測)、モチーフとストーンで彩ることにしたのだ。

 

ネットで画像検索していると、よくアリエクスプレスという中国のショッピングサイトにたどり着いてしまう。

JA.AliExpress.com | aliexpress Japan - 高品質で低価格の製品をオンラインで中国から購入しよう. | Alibaba Group

当初は「そこまでしなくても」と思っていたが、値段を見ると超安い。日本の市場価格の半分、3分の1なんてことはしょっちゅう。しかも、送料込みってことが多く、お買い得。アリエクスプレスというのは、ソフトバンクの孫さんが出資していると話題になったアリババグループだ。そんなへんなことはしてないだろう。

こんな細かいスパンコールがついた長さ20~30㎝のモチーフが2枚組で200円前後!

f:id:go_for_it_figureskater:20170917204410j:plain

というわけで、今回は中国から個人輸入した以下のモチーフを使った。届いたのは注文してから15日くらい。ちょっと時間がかかるけれど、最近話題の「急ぎません便」だと思えば不満はない(笑)

ja.aliexpress.comこちらは2枚US$1.34

ja.aliexpress.comこちらは4枚でUSドル1.53 とにかく激安。

 

生地はオーガンジーとサテンのあいのこのような、表面がドレスのようにキラキラしていて透明感がある素材。薄いので裏地は必須です。

f:id:go_for_it_figureskater:20170918112954j:plain

 

優奈ちゃんの衣装は、モチーフで中央に流れるようなラインが作り出されていて、さらに左側にも少し付けてあるが、バナーは文字とのバランスも重要というわけで)、こんな配置に(というか、つい盛りすぎる私のクセでモチーフ増量)。

f:id:go_for_it_figureskater:20170918113639j:plain

モチーフは裏にボンドをつけて貼り付け。

f:id:go_for_it_figureskater:20170918113757j:plain

そしてガラスストーンのクリアカラー(クリスタル)とオーロラ(クリスタルAB)のSS20 、SS30 サイズをちりばめる。オーロラカラーはキラキラ七色に輝いてホント重宝。特にピンク系の輝きが強いので、文字は紫がかった濃いピンク色のアイロン接着グリッターシートを使った。

f:id:go_for_it_figureskater:20170917204645j:plain

ストーンを貼り付け始めると、きりがないので、ほどほどのところで終了。

アリエクスプレスの利用方法はこちらを参考に。

JA.AliExpress.com | aliexpress Japan - 高品質で低価格の製品をオンラインで中国から購入しよう. | Alibaba Group

AliExpress(アリエクスプレス)での購入方法 | 自転車パーツの海外通販情報局

言葉に怪しさはあるけれど、日本語で説明されているので、分かりやすいし、商品が届き、ネットから「受け取り完了」報告をするまで、売り主側に代金が支払われないので、すごく健全。今、どのあたりまで商品が来ているのかも、一目で分かる!

支払いはクレジットカードは基本だが(JCBは使えません)、心配ならVISAカードが発行しているお買い物専用のプリカを使うという手も。これならクレジットカードをもっていない人も買い物できます。

http://vプリカお悩み解決ラボ.jp/vprica-aliexpress-how-to-use-1385

 

配達の方法はショップさんによって異なり、国際書留で来ることもあれば、普通のエアメールので来ることも。日数も1週間程度で届くこともあれば、20日くらいかかることもあります。

 

というわけで、半分以上個人輸入の話になってしまいましたが、モチーフをペタンと貼るだけで華やかになるこの方法は比較的簡単。

時間に余裕があれば、こと服飾素材に関していえば、日本のショッピングサイトより断然品数が多い中国のサイトで探して、バナー作りをするのも楽しいです。

 

そして、優奈ちゃん、モチーフは安かったけど、愛情はたっぷり込めましたから!!

「優奈ちゃんがウエディングドレスを着る日は……」なんて考えながら

(強調太字!!)

ショートとフリーのリバーシブルバナーを作る ~こだわり編10~

以前、ブログにのせたこのデザイン。

f:id:go_for_it_figureskater:20170916023248j:plain

田中刑事君のフリーの衣装の一部分を取り入れ、いかにも刑事ドラマのタイトルにありそうなフォントを使ってデザインしてみたのだけど……

f:id:go_for_it_figureskater:20170917142152j:plain

 できました。

f:id:go_for_it_figureskater:20170917142913j:plain

苦労したのは生地探し。デザインを原寸に拡大して、ストライプの幅を図ると、1㎝前後がベスト。

f:id:go_for_it_figureskater:20170917143327j:plain

その幅の生地がなかなかない!あとは「刑」の文字の横幅を詰めたり、こんな風に↓文字を整形したり……。いつもそうだけど、切って貼っての作業をする時間と同じくらい下準備にかかったりする。

f:id:go_for_it_figureskater:20170917143348j:plain

しかも、今回は作る直前、「刑事君のショートの衣装を作ったアトリエに行って取材してきました」というツイを見つけてしまった! デザイナーさんのこだわり、感じました。

どうせ、裏地を黒にするなら、ショートの衣装のデザインも取り入れられるではないか!

 

f:id:go_for_it_figureskater:20170917144102j:plain

でも、ストライプの幅で選んだ生地は綿100%だから、シワになりやすいし、熱に弱いグリッターシートや合皮も使っているので、後ろからアイロンをかけること前提に作らなければならない。

というわけで、フェルトと、アイロン接着タイプのグリッターシートで文字を作ることに。

f:id:go_for_it_figureskater:20170917144623j:plain

真っ白なフェルトシート(ほかの生地と同じように横幅が1m前後あるもの)と100均に売っていたラメフェルト(といっても、ラメが少なすぎで、普通のフェルトとあまり変わらない)のどちらを使うか迷った末、薄手のラメフェルトを使うことに。

そして、ウエストの部分にシフォンを折りたたむような感じでドレープっぽく重ねてみた。

f:id:go_for_it_figureskater:20170917144536j:plain

KEIJIはプログラムのように、ロックな感じのフォントにしようと思って選んだのだが、貼ってみたら・・・・。ちょいかわいすぎたか(苦笑)

重ねたシフォンは近くて見るとわかるけれど、ちょっと離れると分かんないよな~~。

そして、なんか物足りない。つい、キラキラ素材で盛ってしまいたくなる私はアイロングリッターシートのシルバーとパープルをパンチでカット。

f:id:go_for_it_figureskater:20170917145214j:plain

切るのはラクだったのだが、1粒1粒が小さくて軽いため、とっても並べにくく、手間取ってしまった。

f:id:go_for_it_figureskater:20170917145353j:plain

アイロンで貼り付ける際は、ごしごし動かしてはダメ。上から押さえて。

f:id:go_for_it_figureskater:20170917145502j:plain

貼りついたら、1粒1粒、上のフィルムもはがさなければいけない。これも結構面倒。でも、アイロングリッターシート(ラメシート)で、文字を作ったりすると、結構、シートが無駄に残ってしまうので、その有効活用にもおすすめ。

クラフトパンチってすごく種類が豊富だから、ハート、星、いろいろな形に作れるし・・・。

そんなこんなでできあがった裏面がこちら。ドレープのラインに沿ってキラキラがついてます。

f:id:go_for_it_figureskater:20170917145733j:plain

そもそもしわになりにくい素材を使えば、ほとんどアイロンがけなんてしなくてすむけれど、万が一のことを考え、リバーシブルにする際は、こんな風に1面をアイロンがけできる素材で作るとよいでしょう。